So-net無料ブログ作成
ニュース ブログトップ
前の3件 | -

9月7日はCMソングの日 [ニュース]

9月7日は「CMソングの日」です。

遡ること66年前、1951年の今日、

初めてCMソングを使ったラジオCMがオンエアされました。

小西六(現在のコニカミノルタ)の「さくらフイルム」のCMです。


ダウンロード (1).jpg



今は、デジタル全盛ですからカメラ撮影にフィルムを使う人も少ないですよね。



ところで、「撮影ビジネス」って聞いたことありますか?

撮影ビジネスってプロのカメラマンのお仕事って?思いますよね。

先程言ったように、カメラ・フィルムも無くデジタル化されているのでロスが少なく、

SNSなどインターネットが普通に身近な現代だから、カメラ初心者でも

集客にも困らず、撮影ビジネスができるようになったんですね~

すご~い変化!!




もちろん、最初から自分一人で何もかも始めるには時間も労力もかかりますが、

安心して下さい。


カメラ撮影初心者で経験もないのに短期間でカメラマンとして稼げる

ビジネススクールがあるんです。

このカメラマン養成スクールハピサクフォトスクールの校長天堤太朗さんには

ある想いがあります。




彼は、スタジオも持ち、20年プロカメラマンとしてやってきて、

『写真を撮影するという仕事は本当に最高に幸せな仕事です。』と言いきります。


それはなぜか!?


「不幸な人」は来ないからです。写真なぞ撮りません。



「失業して苦しいので記念に撮ってもらえますか?」そんなお客様いません!!

ふつうに家康は来ません。

(家康が信玄に負けたとき、必死で逃げ帰ったとき負けてやつれた自画像を

描かせ戒めとした)



「婚約したので彼氏と撮って下さい☆」こんなお客さんは多いです。

「息子が2歳になったので誕生日の記念に☆」当然います。

もうお分かりですよね?



人は幸せな時にその感情を忘れたくないから写真に残しておいて後から

その写真を見てその時の感情を思い出したいのです。

その「気持ちのお手伝い」をするのがカメラマンの仕事です。

そんな素晴らしい職業ですが、起業となるとハードルが確かに高い。



スタジオがない 機材が高い スキルがない


でも、デジタル化された現代ではそれが可能になりました。

「ハッピーな気持ちのお手伝い」

そんな仕事をするカメラマンをたくさん増やしたい思いがあります。



カメラ・フィルムのCMソングから飛躍したお話になっちゃいましたが、

もし、あなたがカメラマンに興味があたったら・・・・

公式サイトを見てみてください。


↓ 



ハピサクフォトスクール web講座
nice!(0)  コメント(0) 
共通テーマ:仕事

『海底少年マリン』のオキシガムはまだか? [ニュース]

昭和のアニメ『海底少年マリン』をご存知ですか?

マリン少年が悪者から海を守るというストーリー。

海中に潜る前に「オキシガム」というガムをかむ。

このガムで酸素が補給されるという設定なんです。



子供の頃はあのガムに相当あこがれました。

これさえあれば、いくらでも泳げるようになると・・・・・







さずがに科学技術を駆使してもガムはまだ無理のようですが

水中から酸素を取り出して呼吸する技術は米海軍など各国で研究されていて・・・


ついに、ドラえもんの「エラ・チューブ」みたいなものが完成しました。




pic_01.jpg



ネーミングは「トリトン」『Triton』・・・

おいおい、また昭和のアニメ『海のトリトン』を懐かしむじゃないですか!



この『Triton』は9×12cmのコンパクトな機材を口にくわえて呼吸する仕組み。

2時間ほどのフル充電で45分間稼働し、15フィート(約4.57m)まで潜行可能。

人工肺に使われるホローファイバーが水中の溶存酸素を取り出すというメカニズムで、

まさに「人工エラ」といえますね。








このTritonプロジェクトは、2013年にスタートしてすでに最終テストも終了しており、

「Indiegogo」で集めた資金が投入されるのは量産体制構築などの最終段階といいますから、

実現はもう目の前?

予定通りなら2016年12月か2017年1月までには出荷が開始されるようです。



「Indiegogo」では、『Triton』に保護ケースが付いて299ドル。

イチオシは、300台の限定モデル「Black Ops」だとか。



あなたは、この『Triton』を手に入れますか?


Indiegogo




ポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村





タグ:triton
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース

外国からのお客さまと【どこでも通訳】ってどんなサービス? [ニュース]

外国からのお客さまとのコミュニケーションをスマートデバイスでサポート!


24時間365日の完全対応!

英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語の

5ヶ国語対応で訪日観光客の約80%※をカバーします。

※日本政府観光局(JNTO)訪日外客数より推計



どこでも通訳



iPadやiPhoneなどを使って、テレビ電話に簡単な操作で通訳者があらわれ、

外国からのお客さまとのコミュニケーションをサポートするサービス。



難しい操作は必要なく、数回の画面タッチでリアルタイムに

通訳者が会話にあらわれますのでその場でのお客さま対応に支障なく

コミュニケーションが可能です。





4分で分かる どこでも☆通訳





国土交通省を中心とした国家施策「Visit Japan キャンペーン」によって、

訪日外国人観光客が2013年に1,000 万人の大台を超え、

2030年には3,000万人を超えるとも言われております。



2020年には東京オリンピックも控え、今後ますます外国からのお客さまへの対応の機会が

職種を問わず増加することは間違いないでしょう。





このサービス「どこでも☆通訳」は

外国からのお客さまとの意思の疎通をサポートし、

ビジネスチャンスの拡大にきっと貢献してくれるでしょうね。



興味津々です!



どこでも通訳






ポチっと応援お願いします!
にほんブログ村 ニュースブログ 気になるニュースへ
にほんブログ村





nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:ニュース
前の3件 | - ニュース ブログトップ
storico(ストリコ)